女の子たちがよく使う家出掲示板はこちら

彼女たちが家出をする理由とは?

女性の家出について警察が発表した2009年の資料によると、前年の家出女性はおよそ3万人で、そのうちおよそ1万人が二十歳未満の少女だとなっています。

もちろん、これは警察が把握している数字ですから、そのほかにも届け出などをしていない数が相当数あると考えられます。

こうした女性が家出をする理由については、多くが家庭内の人間関係に問題があるためだとされています。

特に未成年の場合だと、学校での問題もあるようですが、多くが親子関係のトラブルによるものとされているようです。

たとえば、門限などの規則がやたら厳しすぎたり、友だち関係などにやたらと干渉してくるなどによって親を疎ましく思い、反発することから家出をするケースが多いようです。

ただし、こうした場合でも学校での交友関係などが良好であれば、家出まで至らないことが多いのもの知られています。家庭でも学校でも問題を抱えているような場合だと、もはや家出しか選択肢がないと考えてしまうのかもしれません。

こうした少女の家出の場合、中学生より高校生の方が多いように思えますが、実際には高校生より中学生の家出の方が多いといううわさもあるくらいです。

家出女性の行動パターンとは?

少女が家出をする場合の行動パターンについて考えてみましょう。まず中学生の場合であれば、計画的な家出より衝動的な家出が多いようですが、いずれにしても大金を持って家出をするケースは極めて少なく、友人や親戚など近しい関係の人を頼ることになるようです。

そうすると、友人や親戚などの説得を受け、本人も冷静さを取り戻し、数日で家に戻ることが多いようです。いわゆるプチ家出が多いといっていいでしょう。

もし、このように頼る人がいない場合、金があればネカフェなどに泊まることもできますが、すぐに財布は底をつくわけで、だからといって野宿するわけにも行きません。この場合もすぐに家に戻ることが多いようです。

一方で高校生の場合は、中学生に比べて交友関係が広くなり、長期にわたって面倒を見てくれる大人の友人がいたりします。

また、アルバイトなど収入を得る手段を持っている場合だと、ネカフェで寝泊まりしたりして自活することも可能になってきます。

すでに大人の女性が家出をする場合、経済的基盤を持っていればアパートなどを借りることもできますし、貯金が豊富であればホテルに寝泊まりすることもあるでしょう。

家出女性とネットの関係

10代あるいは20代の若い女性が家出をした場合、ほとんど全員といっていいくらいの確率でネットを利用して苦境を脱しようと試みるようです。

現在では友だちと連絡を取るのにもSNSサイトなどが利用されているようです。そうしたSNSサイトを利用する場合もあれば、出会い系サイトや家出系サイトを使って食事や寝る場所の確保を試みるケースもあるようです。

家出女性がネットで支援を求める書き込みをすると、それを見た男性が救いの手をさしのべてくれるわけで、そうした男性のことを「神」と呼び、こうした行為を「神待ち」と呼ぶようになっています。

このように家出女性を助けようとする男性がすべて純粋な善意だけだというわけではありません。そうした男性のほとんどが性的欲求を満たそうと考えていると言っていいでしょう。

こうしたことからさまざまな犯罪に巻き込まれてしまうリスクがあるため、注意が必要なのです。

注意が必要なのは家出女性だけではありません。金を脅し取ろう、金をだまし取ろうと考え家出女性のふりをするケースもあるため、男性にも注意が必要なのです。

家出女性のネット利用で事件に発展

特に未成年の女性が家出をし、金もなく頼れる人もなくなった場合、ネットを使って誰かに窮地を救ってもらおうとする事例が増えているわけですが、家出女性にしても、それを助けてあげようとする男性にしても、それぞれ犯罪に巻き込まれてしまうリスクがあるということを念頭に置いておかなければなりません。

実際にあった事例でいえば中学生の家出少女を自宅アパートに連れ込んで住まわせていたとして20代の男性が青少年育成条例に違反したとして逮捕されたケースがあります。

他にも、30代の男性が家出少女を監禁したとして誘拐などの罪で逮捕された事例もありますし、家出少女に金を払ってわいせつな行為をしたとして50代の教師が逮捕された事例もあります。

また、よくあるのが、家出少女が暴力団関係者などと関係を持ち、援助交際を強要されるなどの事例も見られます。

こうなってくると、純粋に家出少女を助けてあげようとしていたとしても、あらぬ疑いをかけられてしまう可能性があるわけで、注意が必要になってくるというのは言うまでもありません。

家出少女と性行為に及べばそれだけで逮捕される可能性がありますし、たとえそうした行為がなくても、自宅に住まわせるだけでも青少年保護育成条例に違反する可能性もあるということを知っておく必要があるでしょう。

家出女性がチャットで相談

女性が家出をした場合、最大の問題となるのが経済的なものではないでしょうか。金さえあれば食べるものでも寝る場所でも困ることはありません。

ただ、多くの場合は経済的な余裕のないまま家出をしてしまうもので、すぐに困った状況になるわけですが、ネットを使って何とかしようとするケースが多いようです。

最近ではチャットサイトを使って誰かに相談するケースが増えているそうです。というのも、普通の掲示板などで助けを求める書き込みをしても、返事が来るのはいつになるかわかりません。

こうした状況ではすぐにでも問題解決の糸口を見つけたいもので、チャットであればリアルタイムでのやりとりが可能ですから、すぐに助けてくれる人を見つけることができるからではないでしょうか。

また、いろんな条件面でもその場で話し合えるわけで、お願いするにしても断るにしても、即断即決が可能となるのも魅力なのでしょう。

よくあるのが、男性としてはエッチを目的にしていることがほとんどですから、「エッチはできない」といえば、「他の人を当たってくれ」と言われることが多いようもあります。

家出サイトで気をつけること

家出をしたときに助かるのが家出サイトですが、ちょっと検索しただけでたくさんあることに気づくはずです。

ただ、中には出会い系サイトに誘導する目的のサイトであったりすることもあるので、よく確認しておく必要がありそうです。

また、家出掲示板などには、ちゃんと家出女性からの助けを求める書き込みが見受けられるものの、利用するには登録する必要があることもあって、ちょっと不安に思うかもしれません。

もし登録してみたら、やっぱり出会い系サイトへの誘導だったなんてことになりかねませんからね。

さらにいうと、こうした家出サイトには未成年の家出少女がアクセスする可能性が高いと予想されることから、警察などにマークされてしまう恐れもないとは言えません。

とにかく現在ではネット上で未成年者が犯罪などに巻き込まれないようにとの動きが加速していることもあり、ちょっとした下心だったのが、罪に問われる事態になる可能性だってあるわけで、リスクのあるものだということを知っておく必要があるでしょう。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

サイトマップ

運営情報

サイト名
女の子たちがよく使う家出掲示板はこちら

運営者
mposiermng事務局

代表
佐藤 将人

問い合わせ先アドレス
aitecstoreinfo@yahoo.co.jp